1825年

文政年間

尾張名古屋船入町において、通称柏屋小兵衛(安藤善祐=西暦1790年~1874年)が、蝋、油、砂糖商を営み財をなし、広く大阪までその名を知られたのが発祥
1912年

明治45年

代表社員伊藤藤市らが出資金3万5千円にて大阪市東区に合名会社安藤商店を設立
日本精蝋株式会社と取引開始 (昭和5年)
ワックス専門メーカー日本精蝋株式会社の設立。弊社は同社の設立と同時に取引を開始して以来、永年のお取引先様です。
第二次世界大戦勃発 (昭和14年)
業務は事実上停止し、会社は解散状態に。
1946年

昭和21年

合名会社安藤商店の旧社員数名が集まり、東京都京橋区木挽町1丁目23番地に、資本金15万円(払込済資本金3万7千5百円)を以って安藤商事株式会社を設立
1949年

昭和24年

商号を株式会社安藤商店に変更
1957年

昭和32年

名古屋営業所を開設
1960年

昭和35年

東京都中央区日本橋浜町3丁目2番地の4に本店を移転
1967年

昭和42年

大阪府大東市に大東油槽所を開設
1974年

昭和49年

福岡営業所を開設
1977年

昭和52年

東京都中央区日本橋浜町3丁目2番地の2に本社ビルを竣工
1978年

昭和53年

商号を安藤パラケミー株式会社(現商号)に変更
商号変更 (昭和53年)
商号変更とともに作成された会社のロゴは、当時の社長が書いた文字をデザイン化しました。
1987年

昭和62年

本社を千葉県市川市に新築移転
1988年

昭和63年

埼玉県に大利根SPFを開設
1992年

平成4年

大阪支店新築
慈善活動団体を設立 (平成5年)
社内の有志が集まり、慈善活動団体を設立。安藤パラケミーはこの団体を通じて、発展途上国の子供たちの教育資金を支援しています。
自社開発商品「草なぎ」を販売開始 (平成6年)
ワックスの用途開発を手がけ、自然環境に優しい雑草防止農業用マルチシートとポットを制作しました。自然環境を大切にする姿勢は、会社風土として根付いています。(※本商品は現在販売を中止しています)
1996年

平成8年

大阪支店内に、ワックスギャラリーを開設
2000年

平成12年

精密鋳造用ロストワックスメーカーの信和産業株式会社を子会社とする
2005年

平成17年

ISO14001認証取得(対象事業所:大阪支店・大東油槽所)
2006年

平成18年

本社を東京都中央区八丁堀3丁目に移転
2006年

平成18年

ISO14001認証取得(対象事業所:本社・大利根SPF)
2006年

平成18年

福岡営業所を福岡市博多区博多駅前3丁目に移転
2007年

平成19年

ISO14001認証取得(対象事業所:信和産業株式会社)
2008年

平成20年

ISO14001認証取得(対象事業所:名古屋営業所・福岡営業所)
2009年

平成21年

青島駐在員事務所(中国)開設
中国法人を設立 (平成21年)
初の海外拠点として、中国現地法人を設立。中国国内の現地企業および日系企業に対し、原料調達と技術サポートを実施しています。また、中国メーカーの原料調査および日中間の輸出入取引により、日本国内のお客様の企業活動をサポートします。
2011年

平成23年

安藤貿易(青島)有限公司(中国)設立
2013年

平成25年

安藤貿易(青島)有限公司上海分公司(中国)開設
2014年

平成26年

安琶楽貿易(上海)有限公司を資本金50万ドルにて設立
2015年

平成27年

安琶楽貿易(上海)有限公司運営開始
日本国内における直接販売契約を締結 (平成28年)
ExxonMobil Asia Pacific Pte. Ltd.と直接販売契約を締結。平成29年よりエクソール・アイソパーの総代理店となりました。
2017年

平成29年

名古屋営業所を名古屋市中村区名駅4丁目に移転
2018年

平成30年

ANDOH PARACHEMIE (THAILAND) CO., LTD.(タイ)を資本金1000万バーツにて設立
タイ法人を設立 (平成30年)
第二の海外拠点として、タイ現地法人を設立。東南アジアへ進出する企業の原料調達をサポートします。また日・中・タイの三国間貿易により、お客様が必要とする原料を国境を越えてお届けします。
2019年

令和元年

大阪支店を大阪市中央区本町2丁目に移転