配合提案

物質同士の親和性の指標となる溶解度数値(Hansen Solubility Parameters)を用いて、ご要望される最適な溶剤を設計致します。
「HSP値の近いものは相溶する」という考え方で、ポリマーがどんな溶剤に溶けるか、各種添加剤がどれだけ安定的に存在できるか等を意識し、危険有害性の高い溶剤から環境対応型ブレンド溶剤に変更する配合提案を行なっております。

配合提案の流れ

  1. 1

    ご要望の把握

    配合溶剤提案チェックシートへご記入下さい
  2. 2

    配合溶剤の検討

    HSP値に基づき、ご要望に適う配合溶剤を検討致します
  3. 3

    ご提案

    検討の結果、ご要望に適う配合溶剤をご提案致します
  4. 4

    サンプルのご提供

    ご要望の配合溶剤サンプルを提供致します
  5. 5

    販売

    仕様書を作成し、配合溶剤を販売致します

HSP値の利用範囲は溶剤代替への応用のみに留まらず、例えば、以下のような検討も可能です。

  • 液体と液体、固体と液体、気体と液体の相溶性
  • 無機物と有機物、生体物と有機物の親和性(濡れ性等)
  • ポリマー(樹脂)と溶媒の溶解性

応用例

ゴルフボールの高反発剤、目に良く浸透する点眼薬、シリカ粒子の分散、溶剤等の酸化防止 等

お問い合わせ

委託製造

精密鋳造用ワックスの専門メーカー 信和産業

長年、高品質のキャスティングワックスを製造してきた実績をベースに、ワックスと樹脂の溶解加工および染料着色加工の受託を請け負っております。

主要設備

  • ワックス・樹脂溶解タンク
  • 造粒設備(ペレタイザー)
  • 遠心分離機

検査機器類

灰分測定(800℃×1hr)、融点測定、軟化点測定、凝固点測定、針入度、粘度測定器(B型回転粘度計)、自動粘度測定器、三点曲げ試験機、DSC、シリンダータイプワックス射出成型機、リキッド~セミソリッドワックス射出成型機、接触式3次元測定器 等

お問い合わせ 信和産業のサイトへ