日本精蝋

国内で唯一、ワックス一筋の専業メーカーであると同時に各種のワックスを取り扱う世界有数のワックススペシャリストです。日本精蝋は1929年(昭和4年)、ワックス(ロウ)の国産化とその製造過程で得られる重油を海軍に供給することを目的に、南満州鉄道の子会社として設立されました。1945年(昭和20年)の終戦時に閉鎖された後、1951年(昭和26年)、新たに日本精蝋株式会社として再興。以来、石油ワックスを扱う国内で唯一の専業メーカーとして半世紀以上にわたり、日本の産業経済の成長と発展に寄与してきました。現在は、主に石油を原料とするパラフィンワックスおよびマイクロクリスタリンワックスを中心とした良質のワックスとその副製品を製造・販売し、あらゆる分野の多彩な用途にお応えしています